好きなことのためのお金を「経費」にする<No 538>

「経費で落とす」

巷でよく使われる「経費で落とす」という言葉。

これは立場によって意味合いが異なります。

サラリーマンがランチ代を「経費で落とす」と、

  1. ランチが食べられる
  2. さらにランチ代は会社負担

となります。

これに対して、フリーランスがランチ代を「経費で落とす」と、

  1. ランチが食べられる
  2. ランチ代は自分が負担
  3. 経費にすると節税になる

ランチが食べられることは同じでも、
こちらは身銭を切らなければいけません。
なのでその負担は異なるのです。

 

<サービスメニュー>

好きなことのためのお金を「経費」にする

雇われ時代に会社負担でいい思いをしていたら、
独立して身銭を切るのは痛いでしょう。

そうすると、少しでも経費にして節税したいところですが、
なんでもかんでもそういう訳にはいきません。

経費になるのは、あくまでも売上をあげるために必要なものだけです。

なので、プライベートの支出は経費から除外します。

私も自分の事業の経理を毎日していますが、
事業に関わるものとそうでないものを分けています。

 

プライベートの支出は「事業主(店主)勘定」にする

自分の経理は毎朝、MF(マネーフォワード)で行っています。

クラウド上の会計ソフトを立ち上げると、
ネットバンクから新たな取引を自動で取り込んでくれます。

一度取り込んだ同じ取引は科目を予想してくれるので、
その科目であっているならボタンをクリックするだけで仕分けが成立します。

ここで、事業上の支出であれば経費の勘定科目を、
プライベートの支出なら「事業主(店主)勘定」に振り分けます。

私の場合であれば、次の支出はすべて事業主勘定にしています。

 

 

  • 社会保険料・・・半額が会社の経費。
  • アフラック・・・がん保険は経費でない。社会保険料控除の対象になる。
  • 整骨院・・・経費でない。医療費控除の対象になる。
  • HAIR COPINE・・・散髪代は何にもなりません(経費でない)。
  • つだ歯科・・・経費でない。医療費控除の対象になる。
  • 大阪市保育料・・・経費でない。
  • くもんの世界地図パズル・・・知育玩具は経費でない。
  • 皮膚科・・・経費でない。医療費控除の対象になる。
  • おふろでレッスン カタカナのひょう・・・知育玩具は経費でない。

 

好きなことのためのお金を「経費」にする

一方、事業に関わるものであれば経費になります。

そんな時は極力自分の好きなものを選ぶようにします。

 

スキャナーが欲しくなったからオシャレなホワイトにした。

ScanSnap iX100

 

 

セミナー進行をスムーズにするために大きめの指輪を買った。

Finger Presenter 黒曜石

 

 

指の負担が少ないマウスに変えた。

Logicool Wireless Trackball M570t

 

 

仕事場にAIを導入しようと思ったら、ステレオになった。

)Google Home Mini(コーラル)

 

<サービスメニュー>

必要なモノなら?

独立してから必要だと感じたら即買い出来るようなりました。

雇われ時代に苦労したその分楽しませてもらってます。