確定申告書を作成コーナーで提出したときの「控えデータ」の取り出しかた<No1395>

)PCに表示されたQRコードをマイナポータルアプリで読み取り

控えデータは復元できるようにしておく

令和3年度確定申告の受付が、昨日1月4日にスタートしました。

窓口だと2月15日からの受付ですが、ネットからだと正月あけに済ませることができます。

私は例年通り、初日の昨日に済ませました。

ただ、初日だからなのかe-Taxのトラブルで受付結果が表示されず。

確定申告書の控え(データ・PDF共に)を保存することができませんでした。

控えがないと、のちのち困ります。

借入をするときや、所得や身分を証明するときに必要ですから。

幸い、夕方には復旧した模様で、今朝、無事に控えを手に入れることができました。

確定申告は申告書を提出して終わりではなく、申告書の控えやデータをキチンと管理しておかなければいけません。

紙で提出していた時代であれば、閉じたファイルを開ければ済むことでしたが、ネットだと控えデータの取り方を知っておいたほうがいいでしょう。

確定申告書を作成コーナーで提出したときの控えデータの取り方

e-Taxの場合、サイトが

  1. e-Taxサイト
  2. 確定申告書作成コーナー
  3. 国税電子申告・納税システム(以下、「メッセージボックス」)

と複数にまたがるので、わかりづらいところがあります。

  • ネットで税務署とやり取りする大本のサイトがe-Taxサイト
  • 個人の確定申告に特化したサイトが作成コーナー
  • 申告書や届出書を提出したときの受付通知が格納されるメッセージボックス

とそれぞれ役割が異なります。

作成コーナーで申告書を提出すると、最後に控えを保存することができるのですが、昨日はそれができませんでした。

通常でも、ここを飛ばしてしまうと、自分で控えデータをとらなければいけません。

メッセージボックスからデータを取り出す

申告したあとで、控えをとりたいときは、メッセージボックスからデータを取り出します。

)国税庁 確定申告書等作成コーナー

 

作成コーナーの右側にある「メッセージボックスの確認」から入っていきます。

プラウザは、WindowsだとChrome対応ですが、

 

Macだと、Safariの一択です。

 

OS・プラウザが該当していれば、次の画面が表示されます。

 

ログインには、

  1. マイナンバーカード
  2. ID・パスワード

の2通りの方法で入れます。

なかに入ると複数のメニューがあり、メッセージボックスはそのうちの一つです。

「メッセージボックス一覧」の「確認画面」から入ります。

 

申告書を送信したのが14時でしたが、トラブルで格納日時が17時になっています。

手続き名を見ると、IDとパスワードで入った場合、鍵のマークでロックされていて開けることができません。

 

法人の申告ならロックはかかっておらず、個人情報ということだからなのでしょうか。

このロックがかかった受信メッセージを開くには、マイナンバーが必要になります。

マイナンバーでメッセージボックスに入る

鍵マークを解除するために、もとの画面に戻って、「認証画面へ」をクリックします。

 

次にマイナンバーを用意して「マイナンバーカード方式をご利用の場合はこちら」をクリック。

 

これまで、ICカードリーダライタの一択でしたが、新たにスマートフォンでの読み取りが加わりました。

 

 

マイナポータルアプリのインストール

スマートフォンでマイナンバーを読み取るには、マイナポータルアプリが必要です。

App StoreかGoogle Playでアプリをインストールします。

 

 

インストールが済んだらマイナンバーカードを用意してログインします。

ここでは4桁のパスワードが必要です。

 

マイナンバーカードの上にスマートフォンを乗せるとログイン認証してくれます。

 

 

これでインストールしたアプリにマイナンバーカードに格納された情報が登録されました。

 

スマートフォンでログイン

再度、パソコン上のメッセージボックス・ログイン画面に移ります。

 

ここで指示通り、「2次元バーコード読み取り」を探すのですが、アプリ内のどこにもこれといった表示がされておらず苦戦。

散々探して、ふと画面の右下にあるQRコード風のアイコンをクリックしたら、

 

 

ありました。2次元なんちゃらが・・。

ったく、わかりづらい。

2次元バーコード読み取りを押すと、QRコード読み取りのカメラが起動します。

表示されたQRコードを読み取ると次の画面が表示されるので4桁のパスワードを入れます。

 

このあと、マイナンバーカードの上にスマートフォンをかざすと、パソコン上にあったメッセージボックスのロックが解除されました。

 

なかを確認するとこんな感じになっています。

控えのデータは、「ダウンロード(XML形式)」から取り出すことができます。

一度クリックすると、パソコンのダウンロードファイルにデータが格納されています。

語尾が「xtx」で終わるファイルです。

メッセージボックス内での作業は以上になります。

作成コーナーでXMLファイルを読み込む

さきほどのダウンロードしたXMLファイル(xtxで終わるデータ)自体を開いても、申告書控えは表示されません。

内容を確認するには、作成コーナーでデータを読み込みます。

右下にある、「送信した申告書の内容の確認」から入ります。

 

ここで、さきほどのデータを読み込みます。

 

xtxで終わるデータを読み込むと、

 

令和3年分のデータが入っているのがわかります。

 

「帳票表示・印刷」で申告書が表示され、PDFが自動でダウンロードファイルに入ります。

 

同じく「決算書等帳票の表示」から決算書PDFが表示されます。

受信通知の入手法

確定申告書や決算書とはまた別に、「受信通知」なるものが必要になることがあります。

受信通知の入手法については、別記事をご覧ください。

e-Taxで申告書を提出した場合の受付印代わり、「受信通知」は「メール詳細」と書いています<No 797>

年イチはプロでも戸惑う

年に1回しかない確定申告、プロである税理士でも戸惑うかたは多いでしょう。

一般のかたならなおさら。

1年前の記憶が頼りだと、なかなか進まないでしょうから参考にしていただければ幸いです。

You Tube動画もつくったので、よろしければご覧ください。

<メルマガ「トライアスロン税理士の日常」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<単発・スポット相談>

<申告のご依頼>

<コンサルティング>

<相続・贈与>