e-Taxで申告書を提出した場合の受付印代わり、「受信通知」は「メール詳細」と書いています<No 797>

「受信通知」が受付印代わり

今朝、キャビネットに平積みされた資料を上から順に確認したところ、
カード会社へ送り返す資料が目に入りました。

期限を確認すると、今週末。

まだ、時間はありますが、早朝ルーティン内で新しく設けたタスク「資料確認」だったので、
早速取り掛かりました。

なかを確認すると、必要事項を記入して、所得証明書を添付して送り返すだけ。

所得を証明するものとして、確定申告書のコピーが挙がっていたので、
Evernoteに保存してある控えをプリントアウト。

よく見ると「受付印のあるもの」と記載があります。

私は紙で提出していないので受付印はありません。

e-Taxで申告書を提出した場合、受付印の代わりに「受信通知」なるものがあります。

これをプリントして提出すれば良いのですが、今日はひと手間かかったので記事にします。

 

 

<サービスメニュー>

「受信通知」は「メール詳細」と書いています

e-Taxで申告書を提出した場合の「受信通知」は、国税庁のHPから取りに行くことができます。

国税電子申告・納税システムから入るのですが、

 

Google Chromeで入ろうとすると、下のように「推奨対象外」と表示され
中に入ることができません。

 

WindowsならInternet explorer11かEdge、MacならSafari 12.0であれば使えます。

気を取り直して、Safariで入っていきます。

マイナンバーカードと、これを読み取るICカードリーダーを用意してパスワードを入力します。

パスワードはマイナンバーカードを作成するときに役所で決めた4桁の番号です。

番号を入力して「OK」をクリックしても反応は何もありません。

近年稀に見る遅さですが、ちゃんと処理してくれているので、30秒ほど待ちましょう。

その後、次の画面になったら「確認画面へ」のボタンをクリックします。

 

1ページ目には7件分しか表示されないので、該当する申告書がなければ「過去分表示」
をクリックしてを探します。

 

無事に見つかったら、クリックして中を確認します。

「メール詳細」とあるのが受信通知です。
(言い方を統一して欲しいのですが・・)

 

これをプリントすれば、受付印の代わりとなる「受信通知」となります。

次回、この手間を省くためにPDFで画像を保存しておきましょう。



<サービスメニュー>