住民税のWeb口座振替。面倒でも1回で済ますならコレ<No 280>

クレジットカード納付 < Web口座振替

住民税は雇われていれば、
勤務先がお給料から天引き
してくれますが、
ひとりビジネスであれば、
自分で納めなければなりません。

これまで、金融機関に納付書を
持参する必要がありましたが、
近頃は自治体によって、

  • クレジットカード納付
  • Web口座振替

が出来るようになりました。

 

ただ、クレジットカード納付は、
納付書1枚ごとに手続きをしな
ければならないため、使い勝手
がいいとは言えません。

そこで、もう一つのやり方

Web口座振替を試みました。

 

 

手続きは「1回限り」

クレジットカード納付は、
納付書に記載されたバーコード
を読み取るために、PCからの
手続きは出来ず、

  • スマートフォン
  • タブレット端末

のみでの利用でした。

Web口座振替ならPCからの
手続きも可能です。

 

ホームページへアクセス

まずは、住まい市町村のホームページへ
アクセスして口座振替の該当ページにいきます。

(対応していない市町村もあります)

大阪市であれば、

で検索すると、
「市税Web口座振替受付サービス」
が出てきます。

 

Web口座振替の取り扱いがあるのは
以下の税金です。

  • 個人市・府民税(普通徴収)
  • 固定資産税・都市計画税(土地・家屋) 
  • 固定資産税(償却資産) 

今回は住民税なので、

「個人市・府民税(普通徴収)を選択すると、
「Web口座振替受付サービス」が表示されます。

 

 

 

注意事項を確認したら、基本情報を入力します。

 

基本情報入力を終えたら、「税・料金情報入力」で、

  1. いつから
  2. 期別か一括か
  3. 住まいの区の名称
  4. 台帳番号
  5. 区分

を順に入力します。

 

私の場合、29年の1期分はすでに
「クレジットカード納付」で納めましたので、
2期分から振替を開始しました。

納付区分は、一括でなく分割なので、
「期別」を選択します。

年間まとめて納めたい場合は、
「一括」を選択します。

「台帳番号」と「区分」は非常にわかりづらいです。

自分の納税通知書の右上に記載されています。

 

 

「税・料金情報入力」終えて、
「入力内容確認」で入力不備がないか確認します。
不備がなければ、「メール送信」ボタンをクリックします。

 

 

 

 

この後、記載したアドレスに届いたメールを確認します。

 

 

メールに記載されたURLから登録内容を確認し、
問題なければ、「金融機関へ」をクリックして
自身が選択した金融機関のホームページに移動
します。

 

 

このあたりで結構くたびれますが、
この先、窓口に行く手間を省けるのであれば
仕方ありません。

続けます(^^;)

 

指示に従い、事前確認を行います。

 

 

規定確認に同意します。

 

本人確認に必要な項目を入力します。

 

 

以上で完了です。

 

 

所要時間は「32分」

かかった時間は32分。

近くにコンビニがあれば数分で済みますが(^^;)

この先、納めに行く手間が省けたと思えば
楽な作業です。

日々、効率化を取り入れます。

まずは『Zoom限定「お試し15分無料」』でご相談ください!

 

・1度話してみたい
・雰囲気を知りたい
・サービス内容を詳しく知りたい

サービスご利用前の不安な方のために設けました。

※ Zoomのご利用方法はこちらから
※ 税務相談は含まれておりません。