住民税のクレジットカード納付。スマートフォンで検証<No 275>

住民税の普通徴収は重税感満載

昨日、住まいの市町村である大阪市から
住民税の納税通知書が届きました。

雇われていれば、住民税はお給料から
天引きされるので、自分で支払う必要
はありません。
(そうでないこともありますが)

給料からの天引き(特別徴収と呼びます)
なら、毎月のことなので1回あたりの金額
もそれほど気になりません。

しかし、自分で支払う(普通徴収と呼びます)
場合は、トータル金額は同じでも、4回(
ないしは1回)で支払うので重税感は満載です。

そうは言っても、払うモノは払わなければ
なりません。

届いた郵便を開封すると、納税通知書のほかに

  • 大阪市税 クレジットカード納付のご案内

と記載された一枚の紙が同封されていました。

新しいことには迷わず挑戦します(^^)/

 

<サービスメニュー>

 

スマホ・タブレットでのみ可能

まず、ご案内の文面がわかりづらい(-_-;)

表面の「大阪市税 クレジットカード納付のご案内」
を見て裏面を見ると、裏面タイトルのフォントが
小さくなっているので、

これ1枚が「クレジットカード納付のご案内」
だと思います。

そして、説明に従い、
「大阪市 市税 Web口座」で検索すると、
「対応金融機関」が表示されました。

「クレジットカードなのに、なんで金融機関指定?」

よく確認すると「口座振替」の案内画面 に
たどり着いていたのです(-_-;)

つまり、一枚の文書で、

  • 表は「クレジットカードによる支払い」
  • 裏は「口座振替による支払い」

の二種類の支払い方法を表示していました。

ブログを始めてから、

  • 同列なら同じフォントで

書くのが鉄則なので、
より小さなフォントの裏面は
表面の補足説明だと勘違いしました。

 

パソコンからは手続きできず

まずは大阪市税納付サイトへ

 

「大阪 市税 クレジット」で検索して、
大阪市税の納付サイトに行きます。

 

 

手続きに必要なものは

  1. バーコードが印刷された納付書
  2. クレジットカード
  3. カメラ機能のあるスマートフォン・タブレット端末

の3点が必要です。

ん??

スマートフォン・タブレット?

ここで気づきます。

紙のご案内には、
「詳しくは大阪市ホームページをご覧ください。」
と書いてあるのですが。

下にちっちゃく
「パソコン・携帯電話(フィーチャーフォン)からの
お手続きはできません」
とあります。

つまり、パソコンから納付手続きはできないのです。汗

このご時世、パソコンから手続きが出来ないなんてありえません(*_*;

でも、仕方ありません。

 

スマートフォンから

スマートフォンから大阪市税納付サイトへ

 

HPに記載されている通り、
口座振替なら一度の手続きで完了しますが、
クレジットカード納付は一度の手続きで、
バーコード一つの処理しかできません。

つまり、全期分をまとめて払ったら
一度の手続きで済みますが、
4期に分けるのなら、4回手続きが
必要なのです。

そして、納める金額に応じて利用料が
かかります。

 

確認して次に進みます。

 

ここで、バーコードの読み取り画面
が出てくるので内蔵のカメラで
読み取ります。

 

 

読み取りが完了すると、 この画面になります。

 

 

 

 

次に決済情報を入力します。

カード番号や名義をスマートフォンで
入力するのはなかなかくたびれます。

これを年4回するのは避けて通りたい
ところです。

 

 

指示に従っていくと手続きが完了します。

 

(画像処理しています。)

 

届いたメールを確認します。

 

 

本日、6時8分。無事、完了です。

 

<サービスメニュー>

 

まとめ

そもそも手間を省くためのカード決済が、
ここでは手間がかかり過ぎます。

かかった時間は38分。

まっ、私の場合、

  • 口座振替サービスに行ってしまった
  • パソコンから入ってしまった

それを差し引けば15分ほどで完了できるかと。

結果、

  1. 4分割なら年4回。以降、毎年手続きが必要
  2. 全期納付なら年1回。以降、毎年手続きが必要
  3. 口座振替なら1回限り

今回は口座振替に軍配が上がりそうですね。