赤字体質を黒字にするための数字の見方<No 1592>

赤字体質の原因

赤字の会社、利益が少ない会社の典型は、

  • 売上が少ないか
  • 経費が多いか

のいずれかです。

売上が小さすぎると、最低限の固定費を回収することができないので、赤字になるか、利益が出たとしても少額です。

売上が同業他社と比べて多いにも関わらず、利益が出ないのは経費の使いすぎでしょう。

専門家に利益が出ない原因を見つけてもらうのが一番ですが、専門家に頼らなくてもポイントを押させておけば、利益体質に改善することは可能です。

赤字体質を黒字にするための数字の見方

売上を増やす

売上を増やすには、

  • 単価を上げる
  • 数を増やす
  • リピート率を上げる

この3つのいずか。

本業のことは、数字の専門家よりも自社・自分のほうが理解しているはず。

とはいえ、外部の人に素人目線で見てもらうのも悪くはありません。

私も、お客さまの売上について、素人ながらも、「こうしたことはできないか」といった問いかけはしています。

箸にも棒にもかからない質問のなかでも、自社・自分が考えるきっかけになる問いかけもあるはず。

自分だけで答えが見つからないときは、あえて素人に聞いてみるのも一つでしょう。

経費の使いすぎをチェックする

経費の使いすぎをチェックする場合、単純に金額の大小で使いすぎかどうかを判断することがあります。

金額の大小で判断すると、本来、売上を得るために必要な経費が削減されてしまいます。

金額の大小で判断するのではなく、売上に対する比率で判断してほうが、より適正値を見出すことができます。

事業開始後数年経過していれば、前年・前々年の数値とも比較します。

2022年現在だと、前年・前々年の数値はコロナによる影響後の数値なので、3年前の数値も加えて、合計4年の数値で比較すると適正値が見えてきます。

事業を開始してからまだ日が浅いのであれば、月別の数値で判断するのもいいでしょう。

ただ、金額の大小で判断するのではなく。

  • 売上対比
  • 前年対比

で比率を見ると、適正値が少しずつ見えるようになります。

資金繰り表で現預金の推移を把握

こうした数値は、会計ソフトでもいいですし、可能であればExcelで自作しても問題ありません。

自分が使いやすいツールを使えばいいわけです。

大事なことは、決算間際になってからでなく、毎月月初に前月までの数値を把握すること。

それには、日々の経理が欠かせません。

  • 売上
  • 経費
  • 営業利益
  • 最終利益

これらの、前月分の数字と累計が言えるようになると、決算間際になって慌てることはないでしょう。

更に、現預金の推移を把握していると資金繰りに強くなります。

お客さまとは、毎月、上に挙げた数値+資金繰り表で現況について話し合っています。

税務顧問

<メルマガ「トライアスロン税理士の日常」>
2022年10月1日スタート。毎日配信中。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<メルマガ「ひとり社長の仕事術」>
ご登録が一定の数に達した時点で配信開始します。
よろしければ、登録お願いいたします。
こちらから

<You Tubeチャンネル「独立・開業コンサルタント 税理士 ユウジロウ」>
毎週金曜日、You Tubeで動画配信しています。
よろしければ、チャンネル登録お願いいたします。
こちらから

<単発・スポット相談>

<申告のご依頼>

<コンサルティング>

<相続・贈与>