薄利多売からの脱出。限界利益を増やすためにできること<No 266>

規模に惑わされない

売上だけを追っているビジネスは、
どこかで破綻します。

あれだけ液晶で儲けたはずのシャープ
が国外企業の傘下となりました。

東芝もタコのように自分の手足を
噛みちぎっています。

いくら大きな売上をあげていても利益が
でなければ、いずれ事業はなりたたなく
なります。

 

 

利益を出すためにできること

事業を継続していくためには、
安定的に利益を出す必要があります。

なかでも「稼ぐチカラ」を示す
限界利益(売上-変動費)は事業の大切な
バロメーターです。

(変動費は、売上に比例して増減する費用で、
仕入や商品の荷造り費用、運搬費など)

この限界利益を増やす方法は、

  1. 価格を下げて、販売数を増やす
  2. 価格を変えずに、販売数を増やす
  3. 価格を上げて、販売数はそのままにする
  4. 原価を下げて、販売数はそのままにする

この4つの方法があります。

値下げは誰でも出来る最も簡単な方法ですが、
それだけに、リスクは大きいです。

 

そこで今日は、
2の「価格を変えずに、販売数を増やす」
パターンを考えてみます。

 

 

薄利多売から脱出

薄利多売は、

  • 利益は薄く
  • その分、売り上げを増やす

方法です。

事業を始めて間もない頃は、
売上があがらないので、
安価な価格を設定します。

そして、売上があれば、
忙しくもなるので、
精神衛生上落ち着きます。

ただ、1日の多くの時間を仕事に費やして
いる割には、資金繰りが楽にはなりません。

なぜなのか?

いわゆる限界利益率
(売上に占める限界利益の割合)が
25%を割り込むと黒字にはならない
からです。

さらに、仕事の量が増え続けると人手が
足りなくなってきます。

そして、新たに人を雇えばその分人件費
が変動費に加算され、限界利益はさらに
減ることになります。

大手であれば多額の資金があるので、
持ちこたえることが出来ても、
もともと資金に余裕のない個人や
零細企業だと継続すること事態が
困難となります。

 

限界利益率24%で赤字に転落したシャープ

シャープの平成23年の売上高は
18年と比べてそれほどの変動は
ありませんでした。

しかし、限界利益率は大きく
下落しました。

平成18年3月 41%

平成23年3月 28%

平成24年3月 24%

18年以降、中国など新興国から
安価な液晶パネルが入ってきたためです。

そして、平成24年3月赤字に転落しました。

 

 

自分の稼ぐチカラを知っておく

売上や最終利益だけではなく、
限界利益・限界利益率を知って
おきます。

自分の「稼ぐチカラ」を知ること
よって次の一手が見えてきます。

まずは『Zoom限定「お試し15分無料」』でご相談ください!

 

・1度話してみたい
・雰囲気を知りたい
・サービス内容を詳しく知りたい

サービスご利用前の不安な方のために設けました。

※ Zoomのご利用方法はこちらから
※ 税務相談は含まれておりません。