1日8分でできる「経理の効率化」。もう焦らない確定申告のやり方

経理のコツってどうやる

今月の15日で確定申告が終わりました。

焦らず、十分な時間はありましたか?

3月に入ってから、遅い方だと申告期限ギリギリになってから レシートや領収書をかき集めた、
なんて方もおられるしょう。

そして、集めたはいいものの、どの支出をどの経費に回していいのかわからず 大量の領収書と夜通し睨めっこした苦い経験をされた方もおられるでしょう。

今日はそういった方の為に、来年に向けての経理のコツを簡単に説明します。

これがデキると、

  1. 焦らずに
  2. 気持ちよく

3月を迎えることができます。

 

<サービスメニュー>

1日8分でできる「経理の効率化」

経理のコツは簡単です。ズバリ貯めないことです。

貯めてしまうと、私ですら手をつけるのが億劫になります。

なので、「経理は簡単だ」「すぐに終わる」そう頭に記憶させます。

そして、実際すぐに終わらせます。

時間をかけずに、毎日少しずつでもこなすこと。

そして、作業を小さく細切れに切り分けることです。

「まとめてやろう」と思うから、まとまった時間が取れない、そして億劫になる。

なので、経理は毎日やるのがオススメです。

土日も、クリスマスも大晦日も元旦も、文字通り365日を行います。

実際、私は365日やっています。

こう書くと、「そんな時間はとれない」と思いがちですが、 イヤイヤそんなことはありません。

ほんの10分、いや5分で構いません。

それだけで、年明けには決算書が出来上がるようになります。

私の場合、1日あたり8分前後で終わらせています。

ポイントは三つです。

  1. 朝起きたら財布からレシートを取り出す
  2. レシートの内容を帳簿(会計ソフト)に記入する
  3. その手でレシートを白紙に貼り付ける

もちろん、決算整理に多少の時間をかけますが。

実際、2018年分の自分の申告は1月8日に終えています。

 

3つの作業を続けるだけで、経理作業は大幅な時短が可能です。

帳簿は紙の帳面でも、会計ソフトでもどちらでも構いません。

自分の使いやすい方を利用しましょう。

<サービスメニュー>